症状別

Symptom

症状別のお悩み

腰痛、骨盤痛

このようなお悩みはありませんか? ✓腰に激しい痛みがでた ✓荷物を持った時に腰に違和感があった ✓長時間の座り仕事や立ち仕事ができない ✓体を前にも後ろにも動かすことができない

腰痛、骨盤痛の考えられる原因は?

単に腰痛、骨盤痛と言っても色々な種類があります。

以前から痛みが続いている慢性痛や、ぎっくり腰といわれる急性腰痛などが代表的な疾患になります。

その原因は、腰痛ガイドラインを参考にすると5つに大別されます。

①脊椎由来

②神経由来

③内臓由来

④血管由来

⑤心因性、その他

特に接骨院に来院されることが多いのは、①脊椎由来の方です。

 

①脊椎由来に関して、詳細に分類することができます。

腰椎捻挫、腰部挫傷(いわゆるぎっくり腰)

退行性変性(椎間板性、椎間関節性)

腰椎椎間板ヘルニア

骨粗鬆症による椎体圧迫骨折

脊柱管狭窄症

腰椎すべり症

腰椎分離症

外傷性骨折、先天性疾患、悪性腫瘍、炎症性関節炎、感染

 

以前は「腰痛の8割の原因は不明」となっていましたが、近年は検査の精度が向上したことにより、75%以上が診断可能になってきているとの研究結果が出ています。(腰痛ガイドラインより)

痛みの原因をみつけたうえでの治療が大切ということです。

痛みの原因となりやすい、腰椎捻挫、腰椎分離症、骨粗鬆症による椎体圧迫骨折について簡潔にお伝えします。

 

 

 

 

腰椎捻挫、腰部挫傷「ぎっくり腰」

ぎっくり腰は、「急性腰痛症」といい、急性に発症した腰椎全般のことを言います。

重量物を持ち上げた際になどに、急に現れる痛みです。

「魔女の一撃」と呼ばれるほど痛みが強く、症状が強い場合は体動困難となることもあります。

背骨周りの筋肉や椎間板、椎間関節に問題が起きて生じます。

レントゲンなどを撮影しても、明らかな異常所見はないことが多いです。

 

腰椎分離症

先天的な遺伝によって腰椎が弱く、分離していることもありますが、多くの場合は後天的です。腰部への繰り返しのストレス(回旋や伸展)によっておこる一種の疲労骨折です。特に発育期のオーバーユースによって生じることが多いです。

症状は片側性の腰痛や大腿後面への放散する痛みが出現します。

診断にはレントゲンが有用であり、分離症が疑われる場合は、一度医療機関の受診を勧めさせていただきます。

 

 

骨粗鬆症による椎体圧迫骨折

椎体圧迫骨折は背骨が骨折している状態です。

転倒して尻もちをつく、といった軽い衝撃でも起こってしまいます。

「いつのまにか骨折」といわれるほど、骨粗鬆症が基盤にあると軽度の力で骨折を起こしてしまいます。

転倒して骨折をさせないための予防が大切です。

下半身の筋力やバランス訓練を行い、転倒の予防に努めることが重要となります。

当院の治療の考え方

当院は「原因因子と結果因子」の考え方のもと治療を行っております。

 

「原因因子」とは、症状を起こしている原因のこと

「結果因子」とは、その原因の結果起こった症状のことを指します。

 

たとえば、寒いと感じると厚着をします。

これは、寒いと感じた「結果」に対して行動しています。

しかし、そもそも寒いと感じる「原因」は部屋の温度(寒さ)にありました。

部屋の温度を調整することで、厚着をする必要がなくなりました。

例えがわかりづらかったら申し訳ありません。

 

身体にあてはめてみると、

「結果因子=痛みや痺れ」、「原因因子=筋肉や関節の問題など」となります。

この場合の痛みは原因があっての結果であり、原因に対して介入しないと根本的な解決にはつながりません。

 

腰が痛いからと言って、腰に原因があるとは限りません。

胸椎(胸の骨)や股関節の使い方が原因でストレスがかかり、結果として腰部に痛みが出ている可能性もあります。

しっかりと原因を見極めたうえで、適切な治療をおこなっていきます。

当院の治療の特徴①

当院の治療の特徴は「丁寧さと手技療法中心の治療」です。

初回は40分から1時間程度、時間をしっかりとかけて、お体の状態を評価して丁寧に施術を行います。

姿勢や動きの中から、痛みの原因となっている部位を特定して、施術を行います。

ただ電気を当てるだけの対象療法は当院は行いません。

お体の状態に合わせて、手技(手で触る)や運動指導を中心に根本的な痛みの改善を目的に治療を行っていきます。

 

接骨院で治療してもらった時はいいけど、すぐに戻ってしまうと感じている方も多いのではないでしょうか?

接骨院での治療時間は1日のうちで数十分です。

また毎日通院できるわけでもありません。

そのため、自宅でのセルフケアなどのコンディショニングが大切になってきます。

当院の治療時間が長い理由の一つは、初回でこのコンディショニング方法をお伝えするためです。

少ない治療日数で痛みが改善できるように、自宅でのコンディショニングを行うようにしていただきます。

 

 

 

 

 

 

当院の治療の特徴②

当院は金沢市内で初導入の治療器「ラジオ波 ウィンバック」を使用して、施術を行います。この治療器を使用して、「ヒートハンド施術」という独自の施術を行っています。

ヒートハンド施術とは、ブレスレットを私の手に着用して、手からラジオ波を流しながら施術を行う方法です。

ラジオ波を流しながら施術を行うことで、筋肉が通常よりも短時間でしっかりと緩み、指が中々入っていかないような深層の筋に対してアプローチすることができるので、高い治療効果が期待できます。

腰痛と下肢のしびれ

このようなお悩みはありませんか? ✓腰に激しい痛みがでた ✓体を前にも後ろにも動かすことができない ✓お尻や足にしびれがある ✓痛みが緩和したり再発したりを繰り返している

腰痛と下肢のしびれの原因は?

単に腰痛、下肢のしびれと言っても色々な種類があります。

その原因は、腰痛ガイドラインを参考にすると5つに大別されます。

①脊椎由来

②神経由来

③内臓由来

④血管由来

⑤心因性、その他

特に接骨院に来院されることが多いのは、①脊椎由来の方です。

 

①脊椎由来に関して、詳細に分類することができます。

腰椎捻挫、腰部挫傷(いわゆるぎっくり腰)

退行性変性(椎間板性、椎間関節性)

腰椎椎間板ヘルニア

骨粗鬆症による椎体圧迫骨折

脊柱管狭窄症

腰椎すべり症

腰椎分離症

外傷性骨折、先天性疾患、悪性腫瘍、炎症性関節炎、感染

 

以前は「腰痛の8割の原因は不明」となっていましたが、近年は検査の精度が向上したことにより、75%以上が診断可能になってきているとの研究結果が出ています。(腰痛ガイドラインより)

痛みの原因をみつけたうえでの治療が大切ということです。

痺れの原因となりやすい腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症について簡潔にお伝えします。

腰椎椎間板ヘルニア

脊椎の椎体(腰ぼね)と椎体の間にある椎間板に、何らかなの原因で亀裂が入り、中にある髄核の一部が外に飛び出て、神経を圧迫している状態です。

高齢者よりも比較的若い年齢の男性に発症しやすいです。

長時間の前かがみ姿勢や重たいもの持ち上げた際に発症するケースもあります。

症状は、腰痛や臀部の痛みや痺れ、下肢の痛みや痺れが出現します。

寝た姿勢で膝を伸ばしたまま足を上げると痛みが増強することが多いです。

重症な場合は下肢の筋力低下が出現する場合があり、早急に医療機関の受診を勧めます。

腰部脊柱管狭窄症

腰の神経の周りにある背骨や椎間板や関節、靭帯が、年を取ることで加齢性の変化を起こし、神経を圧迫してしまう状態です。

症状は、下肢のしびれや腰痛などです。

また最も特徴的な症状が間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。

連続して歩くと痛みや疲労感が現れて、休憩するとまた歩くことができます。

症状が酷い場合は、数mしか連続で歩くことができなくなります。

患者様の訴えやMRIを撮影することで確定診断することができます。

当院の治療の特徴①

当院の治療の特徴は「丁寧さと手技療法中心の治療」です。

初回は40分から1時間程度、時間をしっかりとかけて、お体の状態を評価して丁寧に施術を行います。

姿勢や動きの中から、痛みの原因となっている部位を特定して、施術を行います。

ただ電気を当てるだけの対象療法は当院は行いません。

お体の状態に合わせて、手技(手で触る)や運動指導を中心に根本的な痛みの改善を目的に治療を行っていきます。

 

接骨院で治療してもらった時はいいけど、すぐに戻ってしまうと感じている方も多いのではないでしょうか?

接骨院での治療時間は1日のうちで数十分です。

また毎日通院できるわけでもありません。

そのため、自宅でのセルフケアなどのコンディショニングが大切になってきます。

当院の治療時間が長い理由の一つは、初回でこのコンディショニング方法をお伝えするためです。

少ない治療日数で痛みが改善できるように、自宅でのコンディショニングを行うようにしていただきます。

当院の治療の特徴②

当院は金沢市内で初導入の治療器「ラジオ波 ウィンバック」を使用して、施術を行います。この治療器を使用して、「ヒートハンド施術」という独自の施術を行っています。

ヒートハンド施術とは、ブレスレットを私の手に着用して、手からラジオ波を流しながら施術を行う方法です。

ラジオ波を流しながら施術を行うことで、筋肉が通常よりも短時間でしっかりと緩み、指が中々入っていかないような深層の筋に対してアプローチすることができるので、高い治療効果が期待できます。

半月板損傷(断裂)

半月板は膝関節内にあるクッションの役割をする組織です。 大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)の間の膝関節の動きをスムーズにする役割を担っています。 内側と外側に存在しており、半月型になっているため、半月板と呼ばれています。 また内側の半月板はO型、外側の半月板はC型を呈しています。 内側半月板を損傷すれば、内側半月板損傷となり、外側半月板を損傷すれば、外側半月板損傷となります。

半月板損傷(断裂)の受傷原因は?

半月板損傷はスポーツでの膝への過度なストレスによってこすれて損傷(断裂)ことがあります。膝を曲げたまま、膝を捻るような動作で受傷することが多いです。

またスポーツでは前十字靭帯断裂に合併して損傷する場合があります。

そのほかにも、高齢になるにつれて、半月板も摩耗してきて、その状態で立ち上がり動作などをすることで損傷する例もあります。

半月板損傷(断裂)の症状は?

半月板損傷の症状は、

膝の腫れ

膝の内側や外側の関節付近の痛み

膝が伸びない

ひっかかるような違和感 などがあげられます

スポーツなどで膝を捻った場合、激しい痛みとともにロッキングと言って、膝が伸びないような状態になることもあります。

半月板損傷(断裂)の検査、診断方法は?

半月板損傷(断裂)が疑われる場合は、

マックマレーテスト

圧迫アプレーテスト

牽引アプレーテストを行います。

マックマレーテストは、膝を最大に曲げた姿勢から下腿に回線ストレスをかけながら、膝を最大までの伸ばしていきます。この際に疼痛が誘発されれば陽性となります。

圧迫アプレーテストは、うつ伏せで膝を90°曲げた姿勢で、患者さんの大腿部を固定します。足部を下腿方向へ圧迫しながら下腿を回旋させて、ストレスをかけていきます。疼痛が誘発されれば陽性となります。

牽引アプレーテストは、検査肢位は圧迫アプレーテストと同様です。下腿部を上方に引っ張り上げて、回旋ストレスをかけていきます。疼痛が誘発されれば陽性となります。

確定診断のためには、医療機関でのMRI検査が必要にあります。

半月板損傷(断裂)の治療は?

治療は、保存療法と手術療法になります。

保存療法では、痛みが強い時期はテーピングやサポーターを使用して安静を図ります。場合によっては医療機関での抗炎症剤や鎮痛剤、ヒアルロン酸注射を併用しながら経過を見ていきます。

痛みに応じて徐々に運動療法を開始していきます。

痛みがひいたからといって、急に運動をすると痛みが再燃する恐れがあるので、段階的に運動療法を行っていきます。

 

手術療法では、関節鏡での半月板の切除術や縫合術が検討されることが多いです。

手術の方法によっても変わりますが、スポーツ復帰の目安は2~3か月程度になります。

手術後は、段階的にリハビリテーションを行っていきます。

半月板損傷(断裂)のリハビリは?

3つの時期に分けてご説明いたします。

 

①保護期・・・まずは炎症の管理が必要です。炎症を早期に沈静化するためにアイシングなどを実施します。その後、痛みや腫脹に応じて、できる範囲で運動療法を実施します。具体的には、可動域訓練や痛みのない範囲での軽めの筋力訓練を実施します。

 

②トレーニング期・・・痛みなく最大可動域まで動くようになり、腫脹がひいてくれば、徐々に運動強度を上げていきます。具体的には荷重下での運動療法を開始していきます。(スクワットやランジなど)

 

③回復期・・・痛みなく荷重下での運動ができるようになれば、さらに運動強度を上げていきます。ジョギングやジャンプ動作などを開始して、スポーツ復帰を目指します。

 

また、動作改善にも積極的に取り組んでいきいます。

つま先を外に向けて、膝を内側に入れるような動作は膝に負担が大きいので、再受傷のリスクを伴います。そのような動作を修正することで、障害の予防に努めていていくことが重要です。

最後に

半月板損傷後のリハビリは膝へのストレスをどう軽減させるかが重要になってきます。

スポーツや仕事復帰の基準として、膝の可動域や腫脹が改善は最低限必要です。

しかし、負担のかかる動作を修正しないまま復帰してしまうと、動作が変わっていないため痛みが再燃する可能性があります。

当院で、動作をしっかりとチェックしたうえで、安心安全なスポーツや仕事復帰を目指して治療を行います。

 

当院は21時まで受け付けしております。部活帰りやお仕事帰りにご相談にいらしてください。

またインソールなどを使用することで動作を劇的に変化させることができるので、ご興味があれば、ご相談ください。

Treatment content

診療案内・診療メニュー